クリニック系で受けられる医療レーザー脱毛の特長

クリニック系で受けられる医療レーザー脱毛は、効果が高いことで知られていますね。ただ、効果があるとしても医療機関で受ける脱毛なので、抵抗があるという方もいるでしょう。ですが医療レーザー脱毛にはどのような特長があるのか知っておけば、チャレンジしたくなるかもしれません。

 

医療レーザー脱毛の特長

 

脱毛では刺激が強いと言うイメージが強いレーザーですが、医療機関ではあらゆる治療で用いられています。例えば眼科では白内障の治療で使われますし、皮膚科では傷の縫合や傷跡の治療で使われます。

 

医療レーザー脱毛も、こういった治療の一つとして捉えられていますから、基本的に危険なものではありません。医療レーザー脱毛で使うレーザーの波長は、黒い色だけに反応するという特長があります。

 

ムダ毛の黒い色に反応すると、波長が熱に変換されてムダ毛に吸収されていきます。この熱が毛根組織を破壊することで、毛乳頭細胞の働きが低下して成長がストップします。

 

そのため医療レーザー脱毛を受けると、数週間後には施術部位のムダ毛が抜け落ちるのです。また破壊力が強いので、毛根組織は新たなムダ毛を生成できなくなり、永久脱毛の効果も期待できるのも特長と言えるでしょう。

 

医療レーザー脱毛のデメリット

 

医療レーザー脱毛の波長はとても強く反応するため、施術の際にはかなり強い痛みを感じます。この痛みはかなり強いと言われているので、痛みに弱い人だと我慢できないかもしれません

 

また、熱が発生するのはムダ毛だけですが、その周りにある皮膚組織は少なからずダメージを受けます。そのため、やけどや炎症などのトラブルが起こるリスクが高いのがデメリットになります。医療機関ですから、施術中にトラブルが発症したら、すぐに治療をしてもらえます。

 

しかし治療しても、やけどをしたら跡が残ってしまうかもしれません。脱毛サロンの施術では、コラーゲンの生成を促進したり毛穴を引き締めるなど美容効果が期待できます。ですがクリニックの医療レーザー脱毛は、脱毛に絞った施術なので、美容効果がないのもデメリットかもしれません。

 

永久脱毛効果が期待できるのは大きな魅力ですが、その代わりデメリットがあることもしっかり覚えておきましょう。