脱毛サロンの勧誘に関して、昔と今の違いとは?

脱毛サロンというと「勧誘」がしつこい、契約するまで帰してもらえないなどネガティブなイメージがあるかもしれません。こういったイメージがあるため、脱毛したいけど脱毛サロンに行けないという方も多いのではないでしょうか。しかし、近年は勧誘も変化してきているので、昔と今の違いをチェックしてみましょう。

 

お勧めするイメージ

 

昔と今の勧誘の違い

 

脱毛サロンでは、一時期ニュースなどで話題になったように、昔はかなり強引な勧誘があったのは事実です。ただし、その当時は強引な勧誘をしなければならない事情がありました。スタッフには過度のノルマが課せられていて、達成しないとペナルティがあったそうです。

 

そのため高額なプランを売りつけたり、支払い能力がない人でも無理やりローンを組ませるなどの勧誘が横行していたのです。しかし、強引な勧誘をすることで契約トラブルが多発したことで、さらに脱毛サロンに行かなくなる人が増えるという悪循環が起こりました。

 

新規顧客が増えなければ脱毛サロンは運営できなくなります。そのことに気がついた脱毛サロン側は、無理な契約をさせるというのではなく、料金を引き下げて通いやすい環境作りを始めました

 

さらにスタッフ教育も改めて、利用者に合わせたプランの提案や納得してもらってから契約を進めるという勧誘方法に変換していったのです。ですので、今では利用者が勧誘を気にせずカウンセリングを受けられる環境が整っています。

 

本当に勧誘はないの?

 

勧誘を気にする必要はないと言っても、やはり不安になる方もいるでしょう。結論から言えば、脱毛サロンもお仕事ですから勧誘しないということはありません。

 

ただし、勧誘の中身が変わったのです。今の勧誘は、利益のために契約をさせるというのではなく、脱毛プランの提案やコース説明、キャンペーンの紹介などが主な内容になっています。つまり自分に合ったプランやお得なキャンペーンを紹介するのが、今の勧誘のやり方なのです。

 

そもそも、今は脱毛サロンでの脱毛がスタンダードになっていて、お店によっては予約が取れないほど人気があります。そのため脱毛サロンも強引に契約させる必要がないので、勧誘に関しては心配しなくても大丈夫と言えるでしょう。