タトゥーやピアスをしている人は脱毛が受けられない場合もあり?

最近はタトゥーやピアスをするのもスタンダードなおしゃれになっていますね。ですので、手足やうなじにタトゥーを入れていたり、お腹にピアスをつけている方も多いでしょう。このように脱毛の施術部位にタトゥーやピアスをしている人は、脱毛を受けられるのでしょうか。

 

ピアスは基本的に脱毛できる

 

ピアスの穴が空いているとしても、脱毛の施術には影響ありません。光脱毛や医療レーザー脱毛は、メラニン色素の黒い色に反応するだけです。穴に照射したからといって、特別大きな刺激を与えるわけではありませんし、トラブルを発生させることもありません。

 

ですので、ピアスをしているから脱毛が断られるということはないのですね。ただし施術中はピアスを外しておかないと、反射して危険なので注意してください。

 

また、ピアスの穴を空けたばかりの状態では、脱毛できないことがあります。ピアスの穴と言っても傷と同じで、脱毛は傷がある部分には施術を行えません。そのため、ピアスの穴の状態が落ち着くまでは、その部位は施術を受けられないと思っておいた方が良いでしょう。

 

タトゥーはどんな状態でも脱毛が受けられません

 

光脱毛でも医療レーザー脱毛でも、黒い色に反応する特殊な波長を使用して脱毛を行います。この波長はメラニン色素だから反応するというのではなく、黒い色に反応します。

 

ですので、黒や紺など波長が反応するような色使いのタトゥーだと、その部分に熱が発生してやけどをしてしまうかもしれません。タトゥーを入れている部分は、ターンオーバーが行われない状態になっています。

 

そのため、やけどをしても皮膚が再生されないので、大きなトラブルになる可能性があります。こういったリスクがあるので、タトゥーをしている部分には脱毛の施術ができません。

 

ただし、テープで隠せるぐらいのタトゥーで、施術部位と離れていれば施術を受けられます。施術部位にタトゥーがあっても、テープで隠してそこだけ施術できなくても良い、というのであれば施術してもらえることもあります。

 

タトゥーやピアスをしていても脱毛できるかどうかは、タトゥーの大きさや肌の状態によって決まります。ですので、脱毛を希望している方は無料カウンセリングで相談してみましょう。